王妃の白珠 副作用の危険性

「王妃の白珠」に副作用の発生の危険性はあるの?

「王妃の白珠」に副作用の発生の危険性はあるの

 

私達がお肌をお手入れしたりメイクアップをしたりする上で欠かす事が出来ないのが、数々の種類のコスメです。

 

長く愛用しているものが重宝しているのももちろんですが、新しいコスメを試す瞬間などはワクワクしますよね。

 

しかし、私達にとってなくてはならないものであると同時に、「副作用」の危険性がある物も中には存在します。

 

コスメは顔や身体に直接付ける物なので、副作用の内容も湿疹やかゆみ、顔の腫れなどの厄介な症状が多く見受けられます。

 

コスメの購入を検討する際には、この副作用の有無に関してもきちんと見極めていきたいところであると言えるでしょう。

 

さて、近頃「王妃の白珠」というパッククリームが人気を集めているようですが、こちらの商品にはその「副作用」の危険性はあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

 

パックに使用される可能性のある成分で危険なものとは?

 

パックに使用される可能性のある成分で危険なものとは

 

「王妃の白珠」はクリームタイプのパックなので、フェイスパックの一種になります。

 

通常、顔にぴったりと密着させるパックは安全性に考慮して製造されてはいますが、以下の成分においては何らかの副作用の発生が報告された事があるとされているので、特に注意が必要になります。

 

  • ポリオキシエチレングリコールモノ脂肪酸エステルPEG…保湿剤として使用される。発がん性についての報告あり。
  •  

  • ジエタノールアミン、トリエタノールアミン…保湿剤、乳化剤として使用される。発がん性についての報告あり。肝、腎機能障害についての指摘も。
  •  

  • プロピレングリコール…乳化剤や湿滑剤として使用される。他経皮吸収を促進したりカビの成長を促進したりする可能性について指摘されている。
  •  

  • オルトフェニルフェノール…防腐剤として広く使用される。皮膚や粘膜の腐食、発がん性、環境ホルモン作用などあらゆる危険性が指摘されている。
  •  

  • エデト酸・エデト酸塩…金属イオン封鎖剤として使用される。皮膚や粘膜への刺激の強さ、アレルギー発生の可能性について報告されている。
  •  

  • ジブチルヒドロキシトルエン、ジブチルヒドロキシアニソール…酸化防止剤として使用される。皮膚障害、過敏症の可能性や発がん性についての危険性が報告されている。

 

上記が、パックに使用される可能性のあるもので特に副作用の危険性についての報告がされているものになります。

 

今後新しいコスメを購入する際の参考にしてみて下さい。

 

 

「王妃の白珠」に副作用の危険性はある?

 

副作用の危険性はある

 

そして肝心の「王妃の白珠」ですが、現在のところ副作用の危険性に関する報告や口コミは見受けられませんでした。

 

というのも、「王妃の白珠」に使用されている成分は、「沖縄くちゃ」など、沖縄の自然の恵みの賜物である天然由来のものがほとんどで、人体に悪影響を及ぼす危険性のある成分は使用されていないからです。

 

毎日のケアに使用するパッククリームだからこそ、ユーザーが本当に安心して使用する事が出来るコスメにしたいという開発スタッフの想いが凝縮された一品であるとも言えます。

 

 

アレルギーパッチテスト済のアイテム

 

「王妃の白珠」は、開発時にきちんとアレルギーテストがなされており、基準をクリアしてから商品化されているので安心して使用する事が出来ます。

 

とは言え、全ての方に絶対に副作用が発生しないと言い切る事は出来ないので、アレルギーを引き起こしやすい体質であるという自覚がある方は、ご自身でパッチテストをおこなってから使用すると良いでしょう。

 

 

このように、「王妃の白珠」は天然由来の主成分によって製造されていて、女性達が安心して使用する事の出来る、副作用の危険性が極めて低いアイテムであるという事が分かりました。

 

ただし、上記にもあるように100%全ての方にアレルギーが発生しないというわけではないので、皮膚が極端に弱い方などは必ずパッチテストをおこなってから使用をするようにして下さい。

↓綺麗な白肌 77%OFFはこちら↓

王妃の白珠ボタン