王妃の白珠 効かないって本当?

「王妃の白珠」は効かないって本当?

「王妃の白珠」は効かないって本当

 

世の中にはたくさんの種類のコスメが溢れていますが、新しいアイテムが次々に誕生すると同時に、美容業界から消えていくものも数多くあります。

 

「自分のイメージに合わなかった」「もっと良いコスメが見つかった」「自分の肌質に合わなかった」など、あらゆる理由でコスメを乗り換える方も多いようです。

 

中でも、「思ったような効果が感じられなかった」「自分には効かなかった」という理由によって別の商品に乗り換えるケースはとても多いのだとか。

 

人はキレイになりたいという意識を持ってコスメを使用するわけですから、その商品が自分には効かないと分かったら当然乗り換えたくもなりますよね。

 

近頃話題のコスメに「王妃の白珠」というパッククリームがあるようですが、ユーザーからの評判が良い反面、「自分には効かなかった」という声もわずかながら挙がっているようです。

 

思うような効果が感じられなかったという声について詳しく見てみましょう。

 

 

「王妃の白珠」が効かなかったという声について

 

「王妃の白珠」が効かなかったという声について

 

「王妃の白珠」に関するユーザーからの声の中で、思うような効果が見られなかったという内容のものについてまとめてみました。

 

  • 黒ずみやシミへの効果を期待していたが思うような効果が見られなかった
  • 2週間から1ヶ月間ほど使用してみたものの効かなかった
  • 肌の潤いも期待していたがかえって乾燥してしまった

 

大まかにまとめると、上記のような感想が特に多く挙がっているようです。

 

 

「王妃の白珠」に効果が見られなかった原因とは?

 

上記の感想についてですが、それぞれに原因と対策が考えられるので、それらについてまとめてみました。

 

まず、黒ずみやシミに関する効果が見られなかったという声についてですが、蓄積されたメラニン色素(黒ずみやシミの大元の原因)の量が多かったり範囲が広かったりする場合には、理想的な状態になるまでにはそれなりに時間がかかります。

 

すぐに効果を期待するのではなく、3ヶ月から半年ほどの期間を考えておいた方が良いでしょう。

 

 

次に、2週間から1ヶ月の使用期間において効果が見られなかったという声についてですが、肌のターンオーバーの事も考慮すると、この期間では少し短すぎます。

 

肌が生まれ変わるまでの期間は、一般的な生理の周期と同じ28日間であるとされていますが、この28日という日数は実は「ヒトの細胞が肌の奥の基底層で誕生してから角質層に到着するまでの期間」を指します。

 

いらなくなった細胞が垢として剥がれるまでには、ここからさらに約14日間を要しますので、皮膚の生まれ変わりには最低でも42日間はかかると考えておいた方が良いようです。

 

さらに、この周期は加齢と共に増加していく傾向にあるので、2週間や1ヶ月で効果を期待するのではなく、上記でも述べているように3ヶ月から半年ほどの期間は見ておくようにしましょう。

 

 

そして、肌が乾燥してしまったという声についてですが、「王妃の白珠」を肌に塗り、放置する時間が適切かどうかを確認する必要があります。

 

公式サイトによると、放置をする時間は5分間が適切で、それより長く時間を置いてしまうとかえって肌の乾燥を引き起こしてしまう可能性があるようです。

 

時間を長く置く事によってより高い効果が期待出来ると考えてしまいがちですが、きちんとした時間を守ってこそそれなりの効果が期待出来るという事を忘れないようにしておいて下さい。

 

また、パックを使用した後には化粧水や乳液などで水分補給をする事を怠らないようにしましょう。

 

 

このように、「王妃の白珠が効かない」という声については、それぞれに原因と対策があるという事が分かりました。

 

もちろん、人の肌質は十人十色なので全ての方に高い効果が実感出来るというわけではありません。

 

しかし、使用方法や肌のターンオーバー、黒ずみやシミの原因についての最低限の知識を理解しておく事によってより高い効果を目指す事は可能です。正しい使い方やお肌についての豆知識などを頭に入れてからお手入れに臨むという事を心がけるようにしてみて下さい。

↓綺麗な白肌 77%OFFはこちら↓

王妃の白珠ボタン